アレルギー症状と治療対策のお話 HOME

スポンサードリンク


アレルギー性結膜炎の症状と対策

スポンサードリンク

トップページ > アレルギー性結膜炎

「アレルギー性結膜炎」のお話です。アレルギー性結膜炎の症状は、眼やまぶたのかゆみから始まります。次第に痛みや眼の中に異物感(ゴロゴロした感じ)を感じます。そして、結膜が充血し、結膜にゼリー状の目やにがでてきます。実は「花粉症」もこのアレルギー性結膜炎の一種なんです。また、花粉症とは異なり、ハウスダストが原因でおこるアレルギーを「通年性アレルギー」と呼び、一年を通して慢性的な症状が起こります。

アレルギー性結膜炎の治療には、主に抗アレルギー作用の点眼薬を使用します。かゆみが強いときは、ステロイドを含む目薬が処方されることもありますが、副作用が強いので使用には注意が必要です。また、目薬だけではアレルギー性結膜炎の症状が治まらないときは、内服薬を使用することもあるようです。

このアレルギー性結膜炎の慢性重症型の病気で「春季カタル」というものがあります。これはハウスダストが原因となっていることが多いようですが、10歳ぐらいまでの男児に多くみられる病気です。 春季カタルの症状は、強烈な眼のかゆみや、強い異物感、光をまぶしく感じるなどです。炎症が強い時は、黒目に白い濁りがでたり「角膜潰瘍」という状態になることもあるので、注意が必要です。10歳を過ぎると、自然に治癒してしまうことが多いのですが、アトピー性皮膚炎を合併していると、大人になってからも強い症状があらわれることがあるようです。

ところで、アレルギー症状の原因としてよく挙げられるハウスダストとはいったいどんなものなのでしょうか。 主なものは、ダニ(コナヒョウヒダニやヤケヒョウヒダニ)やダニの死骸、ダニのフン、動物やひとのフケや毛、カビなどです。このなかのダニは温度が約25度で、湿度が70〜80%ぐらいのときに、もっとも繁殖すると言われています。畳やじゅうたんはこまめに掃除機をかけて、通気性を良くすることが大切です。





<