アレルギー症状と治療対策のお話 HOME

スポンサードリンク


ステロイド剤とのつきあい方

スポンサードリンク

トップページ > ステロイド剤とのつきあい方

アトピーといえばステロイドですが・・・

ステロイド剤(副腎皮質ホルモン)はアトピー性皮膚炎の治療によく使われる塗り薬で、日本ではI群からV群の5段階に分けられています。このステロイド剤(副腎皮質ホルモン)は皮膚の炎症を正常に戻すためには、とても効果が高いため、病院ではよく処方されることがありますが、副作用が大変つよいためその使用には注意が必要です。しかし、これらのステロイド剤には医師の処方箋なしで薬局で自由に購入できるものも多くあります。

ステロイド剤を使用されるときは、常用することは避け、症状が悪化してやむをえない時だけ使用することが望ましいと思います。アトピー症状には、できるだけ抗ヒスタミン軟膏などの非ステロイド軟膏の使用からはじめ、症状が急に悪化した時などにステロイド剤を短期間だけ使用するようにされるとよいと思います。

しかし、非ステロイド剤がすべて安全なお薬というわけではではありません。ステロイド剤以上に注意が必要なものもあるのです。非ステロイド剤だからといって多量に使ったり、常用することは危険な場合もあるのです。必ずその副作用を確認してから、使用されることをおすすめします。

ステロイドとは副腎皮質ホルモンという生命維持のためには非常に大切なホルモンです。通常は副腎皮質から分泌されているホルモンですが、これをステロイド剤によって外から常に与えてしまうと、副腎がこの大切なホルモン(ステロイド)をつくらなくなってしまいます。そのためさらに、外からのステロイド剤に頼らなくてはならなくなり、悪循環に陥ってしまいます。また、ステロイド剤を常用することにより、体や皮膚の抵抗力が落ちてしまい、重度のアトピー性皮膚炎になってしまったり、顔が満月のように丸くなってしまう「ムーンフェイス」になってしまうこともあるので、十分な注意が必要です。

ステロイド剤はできる限り使用しないようにしたいものですが、ステロイド剤の使用を急にやめてしまうと、症状が悪化してしまうリバウンドという現象がでてしまいます。ステロイド剤の副作用は中止したら消えるというものではなく、逆に中止すれば特に最初の3〜6ケ月の間は悪化する可能性が大きいといわれています。真っ赤にただれたような強い症状がでてしまう場合もあります。

ステロイド剤を減らすには、皮膚を清潔に保ち、痒みのひどい時は濡れタオルで患部を冷やしたり、包帯をまくなどして、なるべく患部を掻かないように注意をしながら、少しずつ量を減らしていくことが大切です。