アレルギー症状と治療対策のお話 HOME

スポンサードリンク


日常生活でのアトピー対策

スポンサードリンク

トップページ > 日常生活でのアトピー対策

アトピーには日常からのアトピー対策も大切ですよね。

アトピー性皮膚炎ははっきりとしたアレルゲン(原因)が見つかっておらず、複数のアレルゲンが原因と考えられています。そのため具体的な治療法はまだ確立されていませんが、アトピー性皮膚炎を発症させるきっかけとなる要因をひとつずつチェックして日常からのアトピー対策を心がけていきましょう。

◇1食事によるアトピー対策
特定の食品をとった後にアトピー症状の悪化が見られたときは、その食品を除去する必要があります。 卵、牛乳、大豆、肉、小麦、米、などがアレルゲンとなっていることが多いようです。また、そばやピーナツに対するアレルギーは年々増加しています。アナフィラキシー・ショックという命にかかわる強い症状を起こすこともあるので注意が必要です。大人のかたはアルコールや香辛料などの刺激物もかゆみの原因になるため控えた方がよいでしょう。

◇2生活環境のアトピー対策
日常生活におけるアトピー対策としては、衣服の素材を木綿のものにしたり、合成洗剤や合成のボディーソープ、シャンプーなどを使わないように気をつけます。また汗をかいたり汚れたときには、こまめにシャワーを浴びるなど清潔にすることが大切です。汗や汚れは乾いたタオルなどで拭き取るだけでは不十分なので、おしぼりなどで拭き取るか、できれば水かぬるま湯できれいに洗い流すことが理想的です。掃除も大切で、ダニやハウスダストもアトピーには大敵です。ほこりの溜まりやすいものを片付けて、カーテンやエアコンのフィルターなどもこまめに掃除をして清潔を心がけ、汚れが体に触れにくくしておきましょう。乾燥や多湿にも注意が必要です。

疲労や睡眠不足、ストレスなどもアトピーの原因になると考えられます。生活環境の乱れにより体の抵抗力が低下するとアトピー発症の原因になっしまうこともあります。できるだけストレスをためないよう自分なりのストレス解消法を見つけることも大切です。

日頃からアトピー対策を心がけ、快適な環境で生活できるといいですね。