アレルギー症状と治療対策のお話 HOME

スポンサードリンク


アレルギーってなんだろう?アレルギーとは…

スポンサードリンク

トップページ >  アレルギーってなんだろう?

アレルギーとは、くしゃみ、鼻水、かゆみ、涙目、呼吸困難などの症状が起こることをいいますが、このアレルギー症状は、身体がアレルゲンと戦うことによって現れます。

本村伸子シリーズ(2)改訂版 目からウロコのアレルギー本

アレルギーは、免疫反応に変化が生まれ、体に障害を起こすものを言います。具体的には花粉症やアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、じんましん、ぜんそくなどがあげられます。これらのアレルギーに罹っている人は全国でおよそ1200万人、国民の約30%以上といわれています。

アレルギーは文明の発達とともに発生しました。本来はアレルギーと無縁だった人たちまでもが、なんらかのアレルギー症状を現すようになり、この「文明病」は今でもどんどん増え続けているのです。

アレルギーは、体内に侵入してきた花粉やほこりなどのアレルゲン(抗原)に対して、体が過剰に反応してしまうために起こります。通常の保護抗体をつくる代わりに、特別なIgE(免疫グロブリンE)といわれる抗体をつくり始めます。そのIgE抗体は、血液に乗って全身をめぐり、目・鼻・皮膚・肺などの細胞の膜(表面たんぱく質)に固着します。

これらの細胞は肥満細胞(マスト細胞)と呼ばれ、細胞内にはヒスタミンなどの化学物質を含んだ顆粒が存在しています。そして体内に侵入してきたアレルゲンが肥満細胞の表面についている抗体と反応すると、「脱顆粒」という現象を引き起こして、肥満細胞からヒスタミンなどの化学伝達物質が放出されます。これはアレルギーを起こす刺激を伝達するもので、その作用によっていろいろなアレルギーが引き起こされます。

アレルギーにはT〜Wまでの四つの型があり、アレルギーの起こり方によってT型、U型、V型、W型の分けられています。このうちT〜V型は抗体の働きの異常によっておこります。

アレルギーとは、異物が体に侵入すると、それに反応する抗体がつくられて、その異物を体外へ排除しようとする免疫システムが働きます。この反応が過剰に働くことにより、障害が現れる現象です。